新着情報新着情報

2017年09月 9日冬魅力

冬の風物詩 絶景雪見露天「ねぶり流し灯篭」

「ねぶり流し」とは、睡魔を払い、汚れを流すという思いを込めて始められた灯篭流しのことで、青森が誇る夏祭り「ねぶた祭り」の起源とされております。
青森屋では、お客様に願い事を書いていただき、立体的な「ねぶた灯篭」の元へと流すことで、この行事を再現していきます。
幻想的な景色の中、静かな笛の音を聞きながらごゆっくりご入浴ください。画像

「ねぶり流し」とは、睡魔を払い、汚れを流すという思いを込めて始められた灯篭流しのことで、青森が誇る夏祭り「ねぶた祭り」の起源とされております。
青森屋では、お客様に願い事を書いていただき、立体的な「ねぶた灯篭」の元へと流すことで、この行事を再現していきます。
幻想的な景色の中、静かな笛の音を聞きながらごゆっくりご入浴ください。

画像

画像

まるで水に浮いているような開放感溢れる露天風呂「浮湯」を囲む池に勇壮なねぶた灯篭を浮かべる風物詩「青森屋ねぶり流し灯篭」。ねぶたの山車と小灯篭が浮かび幻想的な雪景色の中、湯あみをすることができます。
この冬、浮湯に浮かぶねぶたの山車が、七福神の一人「毘沙門天(びしゃもんてん)」を象ったオリジナルの山車として登場。毘沙門天は北方の守り神で、知恵や開運をもたらす神として信仰されてきました。この「毘沙門天」は、2016年「青森ねぶた祭り」において最高賞を受賞されたねぶた師竹浪比呂央氏の青森屋オリジナルねぶた。
本来役目を終えたねぶた灯篭は、火で燃やし清めますが、青森屋では火の粉に見立てた和紙の灯篭を冬空へ浮かばせ「燃ゆるねぶた灯篭」を再現します。
どこか儚げな笛の生演奏の音色と共に登場する灯篭を雪景色と共にお楽しみください。

冬の風物詩 絶景雪見露天「ねぶり流し灯篭」

期間 2017年12月1日(金)~2018年4月1日(日)
※天候の悪化により、開始時間の変更、中止の場合がございますのでご了承ください。
時間 18:00~24:00
笛の生演奏によるねぶた囃子
①18:15~ ②21:45~
願い事受付時間 15:00~21:00
(じゃわめぐ広場にて受付)
開催場所 本館1階 露天風呂「浮湯」

宿泊予約

TEL:0570-073-022

受付時間9:00~20:00

アクティビティ 送迎バス

TEL:0176-51-1116

受付時間9:00~18:00