新客室 おぐらみ

新客室 おぐらみ
新客室 おぐらみ
  • 新客室 おぐらみ
  • 新客室 おぐらみ

りんご輪紙が織り成す落ち着きある空間

青森の方言で「気品ある」という意味をもつおぐらみ。室内は青森県産のりんごを使用した「りんご輪紙障子」が上品で落ち着きのある空間を演出し、「南部菱刺し」や「BUNACO照明」などの青森工芸品と見事に調和した広めの和室です。

  • ・加湿空気清浄機
  • ・ユニットバス(トイレ別)
  • ・ウォシュレット付きトイレ
  • ・洗面台
  • ・液晶テレビ(40インチ)
  • ・アメニティ
  • ・電気ケトル
  • ・冷蔵庫
  • ・金庫
  • ・青森屋オリジナル「りんご輪紙」
  • ・青森屋オリジナル「BUNACO照明」
  • ・掘り炬燵
  • ・南部菱刺し
  • ・八戸焼き(茶器)
  • ※広さ 55㎡
  • ※収容人数 最大3名様
  • ※無線LAN(Wi-Fi)完備

間取り

宿泊のご予約はこちら

南部菱刺し

青森県南部地方につたわる刺し子の技法のひとつ「南部菱刺し」。布地に保温と補強のために施した縫い目模様からこの名が生まれました。細やかな刺し目とひし形模様が美しい、落ち着きのある工芸品です。

「おぐらみ」こだわりの逸品たち

オリジナルブナコ照明

国産のブナの木からつくられた「ブナコ照明」は、自然を大切に守ってきたあおもりびとの心意気から生まれた逸品です。ブナの木肌から透き通るほのかな明るさが安らぎのひと時を演出します。

掘りごたつ

上品で落ち着きのある「りんご輪紙障子」に包まれた空間にある、ゆったりとした大きさの掘りごたつ。足を延ばしゆっくり語らいの時間を楽しめます。

りんご輪紙の障子

職人の手透きにより作り出される「りんご輪紙」。青森県産のりんごを使用しており、りんごの量や種類を変えることで色合いや手触りが様々と変化します。青森屋ではりんご輪紙をオリジナルの障子として落ち着きある空間を演出します。

津軽塗のオブジェ

青森県津軽地方を中心に300年の歴史を持つ漆器「津軽塗」。漆を何度も重ねて塗り、そこから模様を研ぎだす青森県を代表する伝統的工芸品です。手間をかけて描かれた、その不思議な美しい模様は見る人を魅了します。