新客室いくてら

新客室いくてら
新客室いくてら
  • 新客室いくてら
  • 新客室いくてら

祭り文化とぬくもりが調和した空間

郷土文化の温かみを残しつつ、青森らしさを施したお部屋「いくてら(青森弁で「気持ち良い、過ごしやすい」の意)」。青森の熱い祭りを思い起こさせるねぶた絵をモチーフとした「ねぶた障子」。
そして、ねぶた祭りの山車の和紙をアレンジした照明「KAKERA」は実際のお祭りで運行された山車の和紙を使用しているため、一つ一つの違う柄が特徴です。ねぶた絵の力強いデザインながらも温かな光を生み出す青森県ならではの一品。 広い公園の景色を一望しながら、ごゆっくりお寛ぎください。

  • ・加湿空気清浄機
  • ・ユニットバス(トイレ別)
  • ・ウォシュレット付きトイレ
  • ・洗面台
  • ・液晶テレビ(40インチ)
  • ・アメニティ
  • ・電気ケトル
  • ・冷蔵庫
  • ・金庫
  • ・やっこ椅子(ソファ)
  • ・ねぶた障子
  • ・KAKERA照明
  • ・津軽びいどろ
  • ・八戸焼き(茶器)
  • ※広さ 43㎡
  • ※収容人数 最大2名
  • ※無線LAN(Wi-Fi)完備

間取り

宿泊のご予約はこちら

お部屋からの景色

お部屋からの景色

お部屋に入ると目に飛び込んでくるのは大きな窓。そこから見える景色は、約22万坪の敷地内にある広い公園。 四季折々で移り変わる雄大な景色を望みながら、窓に面したソファから寛ぎのひと時をお過ごしください。

「いくてら」こだわりの逸品たち

ねぶた障子

ねぶた障子

夜に幻想的に浮かびあがるねぶた障子。 ねぶた師 竹浪比呂央が手がけた新たな作品は、力強いデザインながらも温かな光を放ち、青森の熱い夏祭りを想起させます。

KAKERA

KAKERA

ねぶた祭りの山車の和紙をアレンジした照明。 実際のお祭りで運行された山車の和紙を使用しているため、一つ一つ違う柄が特徴です。温かな光を生み出す青森県ならではの一品です。

津軽びいどろ

津軽びいどろ

紀元前一世紀ごろから受け継がれてきた宙吹き技法。手作りならではの柔らかな形や独特の色合いが特徴。熟練した職人たちにより、ガラスという素材に命吹き込まれるハンドメイドガラスです。

こぎん刺し

こぎん刺し

青森県津軽地方に伝わる刺し子の技法。藍染めされた麻の野良着「こぎん(小布)」に、 白い木綿糸を刺し込み、粗い布目を補強し保温性を高めた、まさに農民の知恵から生まれた手法です。